Kennedy-Alter-Sung

2014年05月06日

今日の一問(医師国試108-D-30、主訴は嚥下障害。上下肢の筋力低下出現)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

GWも更新を頑張りたいと思います。
励みにポチッとお願いします。
 


============

GWも今日で終わりですね。

MAC(マック)の講義が、いよいよ今週からスタートするそうです。

講義力=合格率」のMACです。


指導医08


1年間、気を引き締めていきましょう。

そして、eラーニングの単科講座も随時更新していくそうなので、気になる講座は要チェックです。
 ↓ ↓ ↓
MACのeラーニング単科講座


入校相談も随時受け付けていますので、下記までお問い合わせ下さい。
 ↓ ↓ ↓
MAC(マック)
  メール mac@macmic.net
  電 話 03-5326-7611(代表)
 

============

では、いつものように、「今日の一問」

今日は、神経です。


第108回 D問題 No.30

60歳の男性。嚥下障害を主訴に来院した。

35歳ころに下肢の筋力低下が出現し、徐々に進行した。

40歳ころには上肢にも筋力低下が出現し、両手に粗大な動作時振戦がみられるようになった。

50歳ころには、ろれつが回りにくくなり、半年前から嚥下障害が出現し鼻声になった。

平地歩行はかろうじて可能である。

発話の際に顔面筋の線維束性収縮が認められる。

患者は3人兄弟の末子で兄が同じ症状を示すという。

挺舌時の写真を示す。

 108-D-30

 
最も考えられるのはどれか。
 

a Huntington病

b 球脊髄性筋萎縮症

c 遺伝性脊髄小脳変性症

d Charcot-Marie-Tooth病

e Becker型進行性筋ジストロフィー



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

では、例によって、MACのYouTube動画(10分05秒)で解説をご覧ください。 


 



============

正解は、bの「球脊髄性筋萎縮症」、別名Kennedy-Alter-Sung病でした。

a(×、3%) Huntington 病
b(○、60%) 球脊髄性筋萎縮症
c(×、11%) 遺伝性脊髄小脳変性症
d(×、3%) Charcot-Marie-Tooth 病
e(×、22%) Becker 型進行性筋ジストロフィー


認定基準を貼り付けておきます。

Kennedy認定基準


さらに詳しく知りたい方は、下記を。
↓ ↓ ↓
難病情報センター


============


病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
ippo

青本(ドキドキの生たまご編)(Amazon)

 



at 16:00|Permalink