AN

2014年04月24日

今日の一問(医師国試108-D-19、神経性食思不振症)

おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

昨日の問題はいかがでしたか?

回答の分布は、

a 髄膜腫 数%

b 下垂体腺腫 約50%

c 頭蓋咽頭腫 4%

d サルコイドーシス 数%

e リンパ球性下垂体炎 45%(正解)


bの下垂体腺腫が最も多くて約50%、次いでeのリンパ球性下垂体炎の45%。

正解選択肢よりも不正解の選択肢を選んだ学生のほうが多い、という珍しい結果でした。

「両耳側半盲」と画像所見から下垂体腺腫で決まり、というホットラインで罠にはまったッス。

研修医A-06s


では、医師国家試験、初お目見えの「リンパ球性下垂体炎」。

ガイドラインでは、医学各論>下垂体疾患>自己免疫性視床下部下垂体炎(リンパ球性下垂体炎)として登場します。

医師594のデータベースで全文検索しても、ヒットは0件です。

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top




===============
 
リンパ球性下垂体前葉炎の診断基準を貼り付けておきます。

リンパ球性下垂体炎



また、「神経疾患治療マニュアル」というサイトに「リンパ球性下垂体炎診断」というページがありました。治療前後のT1強調像が出てますので、ご参照下さい。
 ↓ ↓ ↓
「リンパ球性下垂体炎の診断」(神経疾患治療マニュアル) 


==========

では、続いて「今日の一問」。 

これも割れ問でした。

【第108回 D問題 No.19】

 神経性食思不振症について正しいのはどれか。3つ選べ

a 強迫行為を示すものが多い

b 安静時にも頻脈であることが多い

c 過食・嘔吐を伴うものは含まない

d 抑うつの合併が高率に認められる

e 我が国では10年以内に約10%の患者が死亡する

       


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

では、例によって、YouTube動画(9分20秒)で解説をご覧ください。 

懐かしい歌手の名前も出てきます。


 

ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



 

at 11:06|Permalink