第109回医師国家試験

2015年06月05日

今日の一問(医師国試109-A-12、淋菌感染症について)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============


先日の血尿の精検、行ってきました。
 


尿細胞診、陰性でした。
 


PSAもセーフ。



ふぅー。


 


腹部エコーで、左腎に4ミリが1個、右腎に3ミリが1個の石を発見。


このうちのどちらかが原因で血尿になったんでしょう。

実は、その日の午前中、全身が振動するような作業をしていたのですね。(ずっとボートに乗って、バンバンと波に叩かれていたのですよ)


いずれ石が尿管に落ちてきたら、例の疝痛が腰背部に出てくるんでしょう。




============



さて、今日も今年の国家試験から。


では、感染症一般から「今日の一問」


正答率は60%を切ってます。



医師国試109回A問題No.12

淋菌感染症について正しいのはどれか。

a 潜伏期間は10〜14日である。

b 淋菌はGram陽性双球菌である。

c 膀胱炎として発症することが多い。

d クラミジアとの混合感染が90%にみられる。

e ニューキノロン系抗菌薬に対する耐性株が増加している。


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 kansen_02


パーセントで聞かれるパターンって、大体間違っている選択肢が多いけど。。。

ちょっと、医師594で調べてみたけど、第109回で選択肢にパーセントが入っていたものはほとんどが間違ってましたよ〜。

仕草ブー


内緒ですよ。

嘘かもしれないし、やっぱちゃんと考えて答えを出さないとね。

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・



a(×、 5%) 男性で潜伏期2〜9日。女性は無症候が多い。
 
b(×、 3%) 写真のとおり。「陰性」の双球菌
 
c(×、 3%) 男は尿道炎、女は子宮頸管炎。
 
d(×、 30%) ねっ、やっぱり誤りでしょ。

20〜30%は混合感染してるそうです。90%は大げさだけど、20〜30%はとても無視できる数字ではないですね。
それでSDA法という淋菌・クラミジアを同時に検出できるような検査があるんですね。
 ↓ ↓ ↓
SDA法

e(○、 59%) 

淋菌感染症の最も重要な問題は、淋菌の顕著な抗菌薬耐性化と多剤耐性化である。国内では、従来治療に用いられていたペニシリンおよびテトラサイクリンに対する耐性菌の割合は依然として高いことに加え、この10年の間にオフロキサシン、シプロフロキサシン等のニューキノロン剤に対する耐性菌が80%程度にまで達し、既にその使用は推奨されない。(IASR、淋菌感染症に関する情報)



【IDWR】
 ↓ ↓ ↓
淋菌感染症


【日本泌尿器科学会】
 ↓ ↓ ↓
尿道炎




では、また。

さいなら〜。 
  

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)




at 07:00|Permalink

2015年06月04日

今日の一問(医師国試109-A-9、肥厚性幽門狭窄症)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============



姪っ子のこどもの写真。



スタンプラリー中〜。



IMG_2381





============


さて、今日も今年の国家試験から。


では、消化器・小児・一般から「今日の一問」


国試定番問題ですが、


正答率は80%



医師国試109回A問題No.9

肥厚性幽門狭窄症で正しいのはどれか。

a 女児に多い

b 胆汁性嘔吐

c 哺乳力の不良

d 胃蠕動の亢進

e 生後7日以内の発症


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・



a(×、 5%) 「女児に多い」→ 定番の引っ掛け選択肢。
 
b(×、 0.5%) 「胆汁性嘔吐」 → これまた定番引っ掛け選択肢。
 
c(×、 10.5%) ミルクを欲しがるから、こうなっちゃうんだな、きっと。

ktm71


 
d(○、 80%) 

噴水状嘔吐、胃の蠕動亢進等の臨床症状と、オリーブ様腫瘤触知により診断される。触診のこつは胃内容を吸引して安静時に行うことである。心窩部から右上腹部に肥厚した幽門部を硬いオリーブ様腫瘤として触知される。(MyMed医療電子教科書)

 
 
e(×、 5%) 生後2〜3週から3か月だそうです。



【日本小児外科学会】
 ↓ ↓ ↓
肥厚性幽門狭窄症





では、また。

さいなら〜。 
  
==============

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)




at 07:00|Permalink

2015年06月02日

今日の一問(医師国試109-B-17、造影剤腎症の発生)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============


今日、原稿を読んでいてドキッとしました。


聴診についての記述です。


清音、濁音、股音。


せいおん、だくおん、こおん。


せいおん


だくおん


こおん



うん?


音。



ですよね。


まぁ、これはこれで面白いか。


音。



============


さて、今日も今年の国家試験から。


では、一般から「今日の一問」


正答率は40%を切ってます。


低っ!!



医師国試109回B問題No.17

造影剤腎症の発生に関係がないのはどれか。

a 年 齢

b 腎機能

c 検査前の飲水量

d 造影剤の投与量

e 気管支喘息の既往


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・



a(×、 41%) 
b(×、 0.1%) 
c(×、 16%) 
d(×、 5%) 
e(○、 39%) 


【造影剤腎症(contrast induced nephropathy;CIN)】
ヨード造影剤投与後、72 時間以内に血清クレアチニン値が前値より0.5mg/dL以上または25%以上増加した場合をCINと定義する。


以下はCINのリスクです。
11





では、また。

さいなら〜。 
  

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)




at 07:00|Permalink

2015年06月01日

今日の一問(医師国試109-A-5、心臓移植の適応)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============



先週、オフクロが退院。


これからまた自宅で誤嚥性肺炎との闘いが始まります。


先週の問題(109-I-48)にもありましたけど、


口腔ケアはとても大事。

54



こんなスポンジを使って、ヘルパーさんに洗って貰ったり、本人も頑張ってお手入れしてます。


エーザイ株式会社
 ↓ ↓ ↓
口腔ケア



退院にあたっては、本人は頑張ってお化粧をしてました。


院内で髪の毛も切ってもらってましたし、こういうのは女性として大事ですよね。



============


さて、今日は動画の日。


では、循環器から「今日の一問」


正答率は70%を切ってます。



医師国試109回A問題No.5

我が国で心臓移植の適応とならないのはどれか。

a 拡張型心筋症

b 拘束型心筋症

c 虚血性心筋症

d 拡張相の肥大型心筋症

e 薬物依存症(中毒)に伴う心筋症


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


MACのYouTube動画で解答・解説をご覧ください。 
 

 
 




では、また。

さいなら〜。 
  

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)




at 07:00|Permalink

2015年05月26日

今日の一問(医師国試109-I-32、飲酒について)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============



採血室にて。


「お名前と生年月日をおっしゃって下さい」


「○田○男、昭和○年○月○日生まれ」


「はい、ではこれから採血しますので、手を出して下さい。


アルコールは大丈夫ですか?



IMAGE2



はい、


アルコールは


大好きです。




















私の飲んべえの友達が採血した時の実話です。



============



さて、今日も今年の国家試験から。


では、「今日の一問」


正答率は90%超え。



医師国試109回I問題No.32

飲酒について正しいのはどれか。

a 我が国のアルコール消費量は近年、増加傾向を示している。

b 適度な飲酒の量は純アルコールで1日平均40gとされている。

c 飲酒開始年齢とアルコール依存症の発症リスクとは関係がない。

d 女性は男性と比較してアルコールによる臓器障害を起こしやすい。

e 1日平均飲酒量が増えるとともに虚血性心疾患の罹患率は直線的に上昇する。


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・



a(×、 3%) 我が国のアルコール消費量は近年、増加傾向を示している。

 あれだけテレビのコマーシャルをやっているのに、平成8年をピークに減少しているそうです。
 (減少してるから、コマーシャルがやたらに多いんでしょうか)

54
(出典:国税庁の酒レポートより)


 
b(×、 2%) 適度な飲酒の量は純アルコールで1日平均40gとされている。

 純アルコール40gは、ビールなら中瓶2本、日本酒なら2合、ウイスキーならダブル2杯。

 適度な飲酒は1日平均純アルコールで20g。


 
c(×、 3%) 飲酒開始年齢とアルコール依存症の発症リスクとは関係がない。

 飲酒開始年齢が早いと、アルコール依存症の発症リスクは高くなるんだそうですよ。

reason01_graph

(出典:キリンのHPより)

 
d(○、 90%) 女性は男性と比較してアルコールによる臓器障害を起こしやすい。

 そうなんですよ。女性の方はお気を付け下さい。

 習慣的に飲酒を始めて依存症になるまでの期間は女性の方が短く、女性は男性より早く依存症になります。その原因として女性のほうが同じ飲酒量でも血中濃度が高くなりやすいこと、女性の方が男性より飲酒による肝障害やうつなどの精神科合併症を起こしやすいので飲酒問題が発見されやすいことなどが考えられます。(e-ヘルスネットより引用)

 
e(×、 1%) 1日平均飲酒量が増えるとともに虚血性心疾患の罹患率は直線的に上昇する。

57

上のようなJカーブを描くそうです。

詳細は、是非下記をご覧下さいな。
 ↓ ↓ ↓
e-ヘルスネット「飲酒とJカーブ」



余談ですが、こんな面白い統計もありました。

56




では、また。

さいなら〜。 
  

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)




at 07:00|Permalink