慢性骨髄性白血病

2014年04月26日

今日の一問(医師国試108-A-29、4年前にCML慢性期と診断)




おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

GWも更新を頑張りたいと思います。

いきなりですが、励みにポチッとお願いします。



============

早速、昨日の問題のプチ復習です。

診断はLewy(レビー)小体型認知症(DLB)でした。

【第108回国試 A問題 No.38】

78 歳の女性。手指振戦と動作緩慢とを主訴に来院した。
1年前から手指の震えが出現し、次第に動作が緩慢になっていた。
半年前から物忘れを自覚していた。
1か月前から、誰もいないのに「人が座っている」と訴えたり、「蛇がいる」と怖がったりするようになったため、1週前にリスペリドンを少量投与したところ、四肢の筋強剛と流涎とを認めるようになった。

この疾患にみられるのはどれか。 

a(×、3%) 側頭葉内側の萎縮

b(×、7%) 後頭葉の糖代謝の亢進

c(×、40%) 後部帯状回の血流低下

d(×、9%) 心臓交感神経機能の亢進

e(○、41%) 基底核ドパミン取り込みの低下



c(後部帯状回の血流低下)とe(基底核ドパミン取り込みの低下)を選んだ人がほぼ同数。

DLBは、SPECT・PETでは、後頭葉の血流低下や代謝の低下を認めるので、cは「×」。

診断基準を掲載しますので、確認してください。

DLB診断基準2



そして、Lewy小体のLewyは、ドイツの神経学者Frederich Heinrich Lewy博士です。

Lewypic
↓ ↓ ↓
http://openwetware.org/wiki/BIO254:LewyBody


また、「レビー小体型認知症家族を支える会」のHPにもLewy小体の画像とともに、わかりやすい記述がされているので、リンクを貼り付けておきます。
lewy
↓ ↓ ↓
「レビー小体型認知症家族を支える会」


============

では、いつものように、「今日の一問」

第108回のA問題は、難しい問題続出で、受験された方は大変だったのでは……。
初日のA問題でこの難易度だと、そのあとに続くB問題以降はまさに戦々恐々ではなかったでしょうか。

研修医D男-03s



第108回 A問題 No.29
 

46 歳の男性。全身倦怠感、発熱および左季肋部違和感を主訴に来院した。

4年前に慢性骨髄性白血病の慢性期の診断で1年間イマチニブ治療を受けていた。

その後3年間受診せずそのままにしていた。

末梢血血液検査で白血球 30,400、骨髄芽球が 56%であった。

末梢血白血球 bcr/abl FISH 法検査の写真を示す。

108A29

 

4年前と比較し、現在の患者の所見として考えられるのはどれか。 

a 脾腫の縮小

b 血小板数増加

c 骨髄細胞数減少

d 染色体付加異常の出現


e 好中球アルカリフォスファターゼ低値


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

では、例によって、YouTube動画(9分31秒)で解説をご覧ください。 


 


============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top


 
 


 

at 22:21|Permalink