心不全

2015年05月11日

今日の一問(医師国試109-I-52、64歳男性。2年前に脳梗塞を発症)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============



GWも終わり、今日からMACでは本科コースの講義が始まりました。

MACではこんな感じで講義が進んでいきます。



いきなり出ました!


Dr.東田のKeyフレーズ。

論外Tシャツ


論外!


Dr.東田の「論外!」の数を一番多く引き出せた人が「これからの一年間、一番伸びる」とか。。。



都市伝説です。



===========



さてと、私も気合いを入れてブログを更新していきますぜ。


今日は、109回国試から「今日の一問」


これは、MACの国試最速講座」に収録予定です。


正答率は98%


不正解がすぐに分かったから良いというもんじゃなくて、正解の選択肢の理屈もちゃんと理解しておいて欲しい(by Dr.東田)


症例問題のシチュエーションは、今の在宅医療の時代では当たり前の情景ですね。



医師国試109回 I 問題No.52

64歳の男性。

2年前に脳梗塞を発症し、左上下肢の完全麻痺で在宅にて療養中である。

5年前から心房細動と心不全とに対して内服治療中である。

食事は全量摂取するが、時々、食事中に咳き込むことがある。

日中は家族の介助により車椅子で移動している。


今後、在宅診療を続ける過程で心不全増悪を示唆する所見でないのはどれか。

a 体重増加

b 下腿浮腫

c 易疲労性

d 起坐呼吸

e 吸気性喘鳴(stridor)


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
途中、PT-INRの話とかに脱線しちゃってますが、大事なことだから、さりげな〜く問題解説に交えて解説する。

Dr.東田の真骨頂。

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

MACのYouTube動画(8分13秒)をご覧ください。 
 

 



a(○、1%) 体重増加
b(○、0.5%) 下腿浮腫
c(○、0.5%) 易疲労性
d(○、0.3%) 起坐呼吸
e(×、98%) 吸気性喘鳴(stridor)



講義力が自慢のMACです。


解説は動画をどうぞ〜!!




では、また。

さいなら〜。 
  

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)




at 07:00|Permalink