微弱陣痛

2014年07月24日

今日の一問(医師国試105-D-17、周産期異常と発症時期の組合せ)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


国試過去問無料サービスの「医師594」のPRと、医師国家試験予備校「MAC」の講義をできるだけ多くの人に伝えたいと思って始めたブログです。


遂に100日が経ちました。



ここまで続くとは正直思いませんでした。

ひとえに毎日訪れてくれる皆さんのお蔭であります。

来訪するユニークユーザ数も、最初の頃に比べて4倍近くなりました。

最近では、記事も随分たまってきたので複数ページを閲覧していただき本当に感謝しております!

さらなる飛躍のために、お友達にも当ブログを紹介していただけると嬉しいっす。







そして、1ポチ押して頂けると更に嬉しいっす。

 
============

では、MACの産婦人科最短講座」から「今日の一問」


医師国試105回D問題No.17

周産期異常と発症時期の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ

a 微弱陣痛-----分娩第1期

b 肩甲難産-----分娩第2期

c 弛緩出血-----分娩第2期

d 臍帯脱出-----分娩第3期

e 常位胎盤早期剥離-----分娩第3期


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?
 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

MACのYouTube動画(3分25秒)をご覧ください。 
 

 



では、正答率を示します。

東田先生も言ってますが、よーく考えないとできない問題だそうです。

「迷ったけど頭を使ってなんとか正解に辿りつきました」というMAC生もいました。

【解答率】
a(○、95%) 微弱陣痛-----分娩第1期
b(○、95%) 肩甲難産-----分娩第2期
c(×、1%) 弛緩出血-----分娩第2期
d(×、7%) 臍帯脱出-----分娩第3期
e(×、1%) 常位胎盤早期剥離-----分娩第3期


【実は・・・】
私は肩甲難産だったそうで、いまだに母にそのときどんなに大変だったかを力説されて、その時に患った「肩こり」が未だに取れないという難癖(?)をつけられ、実家に行く度に肩揉みをさせられております

 

 


講義力」が自慢の
MACの提供でした。

  
では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 07:00|Permalink