国際連合

2014年05月04日

今日の一問(医師国試96-E-1、憲法)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

GWも更新を頑張りたいと思います。

いきなりですが、励みにポチッとお願いします。
 


============


今日の私の空耳アワー

先日の記事

「夏 ♪ 夏 ♪ 夏 ♪ 夏 ♪ 常夏 ♪ ♪ ♪ 」

だと思ったら、

「夏 ♪ 夏 ♪ ナツ ♪ ナツ ♪ ココ夏 ♪ ♪ ♪ 」

という話をしました。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

たった今、新たに発見

昨日、清志郎の話をしましたが、

大好きな歌のひとつに「JUMP」があります。

車に乗っているときによく聞く歌なのであります。

で、

で、

歌詞を聞いていて、いつも不思議に思う箇所がありました。

お茶目な清志郎だから、まぁこんな歌詞もあるんだろうな、

なんか意味が通じないな〜、

何度聞いても、そこだけ違和感あるな〜、と思ってました。



その部分とは、

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

♪世界のど真ん中で 立派にオナラして


前後の歌詞と照らし合わせても、この情景は全く辻褄が合わないんですよ

でも、清志郎一流の茶化しだとばかり思ってました。

しかし、

しかし、

 ・
 ・
 ・

ネット検索しました。


 ・
 ・
 ・

本当は、

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

♪世界のど真ん中で ティンパニーを鳴らして


 
 
 
 
 

穴があったら、入りたい!

ティンパニ

↑ ↑ ↑
ティンパニーです。

合点しました。

いや、もう、恥ずかしい。


検索すると、この聞き間違いをしている人が結構いるようで、ちょっと安心


============

さて、話はクルリンパと変わりまして、

昨日は憲法記念日でした。

医師国家試験の長い、長い出題履歴の中で、「憲法」に関する問題は1問のみ。それも選択肢の1つとして出てきているだけでした。


では、いつものように、「今日の一問」


第96回 E問題 No.1

誤っているのはどれか。

a 日本国憲法には基本的人権が規定されている。

b 国際連合は世界の人々の人権を擁護している。

c 医療では患者の自己決定権が認められている。

d 医師法には患者の人権が規定されている。

e 医療訴訟では患者の権利が認められてきている。



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
正解(誤っている)は、dの「医師法には患者の人権が規定されている」でした。

プチ解説です。
 
a()  日本国憲法には基本的人権が規定されている。
日本国憲法の第11条に「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる」として基本的人権を定めている。 

b()  国際連合は世界の人々の人権を擁護している。
国によって人権というものの考え方が異なっており、戦争や犯罪行為などによってそれらが侵される可能性がある場合には、国際連合はそれらの人々の人権を擁護する機能を有している。

c()  医療では患者の自己決定権が認められている。
インフォームドコンセントで示されるように医療の上で患者の自己決定権が認められている。 

d(×)  医師法には患者の人権が規定されている。
人権は日本国憲法で規定しているが、我が国の医師法では患者の人権が規定されている項目はない。 

e()  医療訴訟では患者の権利が認められてきている。 
患者の権利が広く認められるようになってきている。 



============

参考までに、管理栄養士の国家試験では下記のような出題がありましたので、掲載しておきます。

管理栄養士国家試験

日本国憲法第25条第2項の条文である。[  ]に入る語として正しいのはどれか。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び[  ]の向上及び増進に努めなければならない。

a 医療制度

b 健康水準

c 社会環境

d 公衆衛生

e 社会保障



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
正解は、dの「公衆衛生」でした。

日本国憲法 第25条
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 

では、また明日。

さいなら〜。 


at 11:04|Permalink