両耳側半盲

2014年04月23日

今日の一問(医師国試108-A-34、分娩後の頭痛と視野障害)


おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

どうして全ジャンルを淀みなく、「川の流れのように」ひとりで解説できるんでしょうか?

不思議ですね〜。

MACのDr.東田、恐るべし

東田05s
(実物はこんなに怖くありませんよ)


講義中の学生とのやりとりも、見ていて楽しい。
(当てられている学生は緊張するでしょうね〜)



さて、今日(4月23日)で、公開講座は終了です。


その中から、「今日の一問」

ここ数年の国試の傾向ですが、臨床問題の文章量が増えています。

かと言って、無駄な記述や検査データがあるわけではありません。

その中からキーワードをどう拾い出して解答を導くかがキモです。

この問題もそのひとつです。

指導医02s


長いですが、しっかり読んでみて下さい。


===============

【第108回A問題No.34】

36 歳の女性。分娩後の頭痛と視野障害を主訴に来院した。

妊娠 28 週ころから頭痛、30 週から左眼の視野障害が出現した。

多尿や多飲はない。

身長 165cm、体重 62kg。

脈拍 76/分、整。血圧 118/74mmHg。

眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。

対面法による視野検査により両耳側に欠損を認める。

尿所見:

比重 1.024、蛋白(−)、糖(−)。

血液生化学所見:

AST 33 IU/L、ALT 17 IU/L、クレアチニン 0.6mg/dL、

血糖 92mg/dL、総コレステロール 124mg/dL、

Na 140mEq/L、K 3.8mEq/L、Cl 104mEq/L、

アンジオテンシン変換酵素〈ACE〉18U/L(基準 8.3〜21.4)、

TSH 0.15μU/mL(基準 0.2〜4.0)、

FT4 0.74ng/dL(基準 0.8〜2.2)、

ACTH 11.4pg/mL(基準 60 以下)、

コルチゾール 1.8μg/dL(基準 5.2〜12.6)、

GH 2.7ng/mL(基準5以下)、

IGF-Ⅰ 164ng/mL(基準 112〜271)、

プロラクチン 25.4ng/mL(基準 15 以下)。

免疫血清学所見:

CRP 0.3mg/dL、

抗サイログロブリン抗体 24U/mL(基準 0.3 以下)。

頭部単純 MRI の T1 強調矢状断像と頭部造影 MRI の T1 強調冠状断像を示す。
 
108A34A

108A34B


 最も考えられるのはどれか。
 

a 髄膜腫

b 下垂体腺腫

c 頭蓋咽頭腫

d サルコイドーシス

e リンパ球性下垂体炎



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

では、例によって、YouTube動画で解説をご覧ください。 

今日の動画は約25分と長いですが、見応えありますよ

東田先生も、ゆっくりと楽しそうに解説しています。





ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 


at 01:00|Permalink