2014年08月

2014年08月29日

今日の一問(医師国試106-D-53、手の震えと動きにくさで来院した高齢男性)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


「海水アレルギー」ってあると思いますか?

 海水


○○島に行って、波打ち際でちょっと海水をかぶり、その後とくに日光浴をしたわけでもないそうです。

夜になって熱感を伴って、写真のような状態に。

ふくらはぎ側は赤みもなく、前側のみがこの状態。

翌日、診療所で見て貰っても原因は分からず、診療所医師は初めて見たので写真を撮らせてほしいということで、写真を撮られたそうです。

「海水」+「紫外線」の影響なんでしょうかね。

5日経って、だいぶ赤みが引いてきたそうです。
 



============


では、「今日の一問」

過去問に出てきていない薬品名に試験会場で突然出くわすって嫌ですよね。


おい


おい


お〜い


って感じ、よく分かります。


医師国試106回D問題No.53

72歳の男性。手のふるえと動きにくさとを主訴に来院した。

1年前から左手がふるえるようになった。

2か月前から歩行が不安定になり、歩幅が狭くなったという。

顔面筋の動きに乏しい。

安静状態で左手が規則的にふるえる。

四肢に強い筋強剛があり、特に左側で顕著である。

筋力に異常を認めない。

感覚障害を認めない。

腱反射に異常はなく、病的反射を認めない。
 
治療薬として適切なのはどれか。2つ選べ

a バルプロ酸

b スルピリド

c エンタカポン

d ハロペリドール

e レボドパ〈L−dopa〉


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

消去法で勝負しますか?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

東田先生の解説を聞いて、中枢神経作用薬の作用機序をまとめておくといいですよ。

では、MACのYouTube動画(8分58秒)をご覧ください。 

指導医08


 

 



では、正答率を示します。


【正答率】
a(×、5%) バルプロ酸
b(×、10%) スルピリド
c(、82%) エンタカポン
 
エンタカポン(英:entacapone)はカテコール-O-メチル基転移酵素 (Cathecol-O-methyl transferase, COMT) 阻害薬のひとつで、パーキンソン病治療薬として用いられる化合物の国際一般名。L-DOPAのようなドーパミン作動薬とともに投与すると、その血液脳関門の通過を促進することで生物活性を増加させる働きがある。
出典:オンライン化学データベース 

d(×、2%) ハロペリドール
e(、99.5%) レボドパ〈L−dopa〉
 レボドパは血液脳関門を通過して脳内に入りドパミンに代謝されるため、Parkinson病の治療薬として症状の劇的な改善を認めることが多い。






講義力」が自慢の
MACの提供でした。



この問題は国試最速講座」としてeラーニング講座として受講できますので、ぜひご利用下さい。

国試最速講座


では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top



at 07:00|Permalink神経 

2014年08月27日

今日の一問(医師国試108-G-20、ALS患者の在宅医療で医師の指示が必要なもの)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============

thumbnail

プラス

15150-76

ときたら、

「ALSアイスバケツチャレンジ」

ですね。

こんな記事もありました。

bucket
(東京新聞、2014年8月20日朝刊より)





筋萎縮性側索硬化症を「医師594」で全文検索すると、
こんな感じでヒット。
als


やはり出題回数は多いですね。


そこで、「今日の一問」はALSの最新問題。


医師国試108回G問題No.20

在宅人工呼吸器管理中の筋萎縮性側索硬化症〈ALS〉患者の在宅支援チームによる活動のなかで、医師の指示が必要なのはどれか。

a 看護師による清拭

b 歯科医師による口腔内処置

c 言語聴覚士による嚥下訓練

d 介護福祉士による体位変換

e 介護支援専門員によるケアプラン作成


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

今日は動画は無しでございます。
 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


では、正答率を示します。


【正答率】
a(×、7%) 看護師による清拭
b(×、1%) 歯科医師による口腔内処置
c(、88%) 言語聴覚士による嚥下訓練
言語聴覚士法・第42条
言語聴覚士は、保健師助産師看護師法 (昭和二十三年法律第二百三号)第三十一条第一項 及び第三十二条 の規定にかかわらず、診療の補助として、医師又は歯科医師の指示の下に、嚥下訓練、人工内耳の調整その他厚生労働省令で定める行為を行うことを業とすることができる。

d(×、1%) 介護福祉士による体位変換
e(×、3%) 介護支援専門員によるケアプラン作成



【追加情報】
摂食・嚥下機能向上のための取り組み
↓ ↓ ↓
コチラ





アイスバケツチャレンジにチャレンジしようと思っている方、ポチっとお願いします。



============

  
では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

==============

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 07:00|Permalink神経 

2014年08月26日

今日の一問(医師国試106-D-2、腎不全患者の治療)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


今日読み終えたのは、

メジャースプーン


辻村深月の「ぼくのメジャースプーン」。

面白かったですよ。

「復讐」について深く考えさせられました。

登場人物に医大生が出てきます。

余計に考えさせられました。


============


では、「今日の一問」

CAPDでググると、患者さんが楽そうにしているイラストを多くみかけますが、こういう実際の治療中の写真を見ると、辛そうで、切なくなります。



医師国試106回D問題No.2

腎不全患者の治療中の写真を示す。

106D2

 
この治療法について正しいのはどれか。

a 塩分制限を必要としない。

b 週3回の通院が必要である。

c 合併症として腸閉塞がある。

d 導入患者数は著しく増加している。

e 治療液のカリウム濃度は0.5mEq/Lである。



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

ついでにポチっとお願いします。
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


では、MACのYouTube動画(4分38秒)をご覧ください。 


 



では、正答率を示します。


【正答率】
a(×、11%) 塩分制限を必要としない。
b(×、3%) 週3回の通院が必要である。
c(、64%) 合併症として腸閉塞がある。
被嚢性腹膜硬化症(EPS)は腹腔内全体もしくは腸管に部分的な癒着(ゆちゃく)が生じ、まゆ状の膜に覆われ、のり付けされたように硬くなり、繰り返しまたは持続的に腸閉塞を起こすという合併症です。腹膜透析(PD)の無理な長期継続や頻回の腹膜炎、高濃度透析液の多用など腹膜を傷害する要因が積み重なった結果、起こるのではないかといわれています。現在の時点でEPSは腹膜透析(PD)療法の最も重篤な合併症といえるでしょう。
PDライフを快適に過ごすために

 
d(×、17%) 導入患者数は著しく増加している。
e(×、4%) 治療液のカリウム濃度は0.5mEq/Lである。




【追加情報】
土谷総合病院
↓ ↓ ↓
被嚢性腹膜硬化症
開腹所見や消化管造影の写真で、この合併症の重篤度が理解できました。
本症の合併率が少しでも少なくなりますように! 






講義力」が自慢の
MACの提供でした。

  
では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 07:00|Permalink腎臓 

2014年08月25日

今日の一問(医師国試106-I-80、尿酸排泄率FEUAを求めよ)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


先週のドクターGはご覧になりましたか?

心不全あたりまでは何とか類推できたんですが、その原因は???でした。

決め手となったのは、Osler結節

医師594」で全文検索すると、

osler


こんな感じで3件ヒット。

パターン的には「この疾患・病態に随伴するのはどれか?」って感じです。

名前は知っていたのですが、この結節は有痛性なんですね。

oslersnodes


見るからに痛そうです。

画像の出典は「コチラ」。



============


では、「今日の一問」

数年前の国家試験から毎年数問出題されるようになった計算問題です。


医師国試106回I問題No.80

高尿酸血症患者の検査結果を示す。
 
尿所見:
 pH 5.5
 クレアチニン80mg/dL
 尿酸34mg/dL。
 
血液生化学所見:
 クレアチニン1.0mg/dL
 尿酸8.0mg/dL。
 
 
尿酸排泄率〈FEUA〉を求めよ。
 
ただし、小数点以下第2位を四捨五入すること。
 
解答:(1).(2)%


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
どうでしたか?

いつものボタン形式の回答方法が取れないので、考え方にいまいち不安がある方は是非動画をご覧下さい。 
 
研修医D男-04


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


では、MACのYouTube動画(3分35秒)をご覧ください。 


 





正解を記します。

正解:5.3 (正当率は88%でした)


【FEUAの計算式】

feua






講義力」が自慢の
MACの提供でした。

  
では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

==============

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 07:00|Permalink代謝 

2014年08月21日

108回のまとめ

 

おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


過去記事が随分増えてきたので、とりあえず108回の問題を整理したページを作っておきます。


108-A-7 → コチラ
(糖尿病と高血圧の両方をきたすもの)


108-A-18 → コチラ
(GVHDの皮膚症状)


108-A-28 → コチラ
(左上腹部痛を主訴に来院。アスピリン内服中)


108-A-29 → コチラ
(4年前にCML慢性期と診断)


108-A-32 → コチラ
(多発性脊椎椎体骨折の原因)


108-A-34 → コチラ
(分娩後の頭痛と視野障害)


108-A-38 → コチラ
(手指振戦と動作緩慢の78歳女性)


108-A-43 → コチラ
(GISTの経過観察)


108-B-17 → コチラ
(生後1週新生児でPIVKA-IIを測定)


108-B-20(※) → コチラ
(合計特殊出生率)


108-B-29 → コチラ
(急性冠症候群の診療)


108-B-31 → コチラ
(心臓・脈管の構造と機能)


108-B-38 → コチラ
(急性心不全の治療薬)


108-D-4 → コチラ
(医師国試、肺高血圧を伴わないのはどれか)


108-D-5 → コチラ
(肝細胞癌の主たる占拠区域)


108-D-19 → コチラ
(神経性食思不振症)


108-D-30 → コチラ
(主訴は嚥下障害。上下肢の筋力低下出現)


108-E-27 → コチラ
(意識清明である可能性が最も高い血液検査所見)


108-E-36 → コチラ
(胸痛の原因を推論する)


108-E-49 → コチラ
(主訴:呼吸困難。予想されるFV曲線)


108-G-25 → コチラ
(尿中Na排泄低下を伴う低Na血症)


108-G-46 → コチラ
(中年女性。汗をかきやすい・体重減少)


108-G-47 → コチラ
(ACE阻害薬服用中。下口唇の腫脹と呼吸困難)


108-G-55 → コチラ
(78歳男性。3週前からの頭重感)


108-H-11(※) → コチラ
(医史学)


108-H-17(※) → コチラ
(高血圧と糖尿病で通院中の高齢男性)


108-I-25 → コチラ
(意識障害患者の眼位とCT)


108-I-30 → コチラ
(双極性障害の維持療法の治療薬)


108-I-31 → コチラ
(急性胆管炎の原因菌)


108-I-37 → コチラ
(褐色細胞腫の血圧管理)


108-I-41 → コチラ
(呼吸困難を訴える乳房切除術を受けた患者)


108-I-77 → コチラ
(頭痛と嘔吐で来院した12歳男児)


============


上述した108回の問題は(ただし※印は除く)、106回・107回の精選問題と合わせて、国試最速講座」としてeラーニング講座として受講できますので、ぜひご利用下さい。

国試最速講座



 


講義力」が自慢の
MACの提供でした。

  
では、また。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net




at 07:00|Permalink