ご好評につき残り僅か【禁忌特集】今日の禁忌(医師国試105-F-21、72歳の男性。持続する腹痛と嘔吐)

2019年02月01日

【禁忌特集】今日の禁忌(医師国試103-C-22、3歳の女児。腹痛と嘔吐)



早いものでもう2月
594編集部のマッ君(まっくん)です。


今日から禁忌問題をセレクトしていきます。
受験生も、そうでない方も、やってみてください。




============


さて、禁忌問題
「今日の一問」



医師国試103回C問題No.22

3歳の女児。腹痛と嘔吐のため搬入された。

5時間前に腹痛を訴え、無色透明な液を嘔吐した。

その後次第に嘔吐が頻回となり、吐物は緑色となってきている。

顔色は不良である。上腹部がやや膨満し、腸雑音は高調である。 

まず行うのはどれか。

a 便の細菌培養

 

b 吐物のpH測定

c 腹部エックス線撮影

d 上部消化管内視鏡検査

e 上部消化管造影



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
腹痛と嘔吐

吐物は緑色


とありますので、腸閉塞 の診断となります。
 
 
まず行うものとしては、c 腹部エックス線撮影 をします。


この中で 禁忌肢 はどれでしょうか? 

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
d. 上部消化管内視鏡検査、e. 上部消化管造影 が  禁忌   です 


スライド002


 
【正答率】
a (×1.1%) 便の細菌培養
 便の細菌培養は、腸炎の鑑別ができるが、まず行う検査ではない。
 
b(×1.6%) 吐物のpH測定
 吐物のpH測定で、有意なことはわからない。
  
c(96.5%) 腹部エックス線撮影
  腹部エックス線撮影で、鏡面像(niveau)、拡張腸管の確認を行う。

d(×0.4%) 上部消化管内視鏡検査
 腸閉塞を疑っているときに、上部消化管内視鏡検査は行わない。★禁忌★
 
e (×0.6%) 上部消化管造影 
 腸閉塞を疑っているときに、上部消化管造影は行わない。★禁忌★









講義力」が自慢の
MACの提供でした。



では、また。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

============



医学部での学びに寄り添うオンライン動画学習サービス MediTunes。

MediTunesは 2019年春、リニューアル致します。

どう変わるのか?お楽しみに!



MediTunes 医師国試対策版

MediTunes 3つのコンテンツ
 
過去問DB:必要かつ十分な12年分、解説はテキストと動画の二刀流
 ↑動画解説搭載でパワーアップした医師594onlineの進化形
 
動画ライブラリ:医学講義800本搭載。医師になっても使えます
 
サプリ講座:産婦人科、公衆衛生など続々公開 

mov_ph


※医師594onlineは、より皆さまのお役に立つMediTunesサービスへパワーアップしたため、2019年に運営を終了する予定です。(2019年1月末日まで公開続行予定)
尚、全く新しいサービスになるため医師594onlineの会員情報は一切引き継ぎませんのでご了承下さい。



============ 


病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)



at 15:00
ご好評につき残り僅か【禁忌特集】今日の禁忌(医師国試105-F-21、72歳の男性。持続する腹痛と嘔吐)