2018年01月05日

今日の一問(医師国試105-D-43、脾腫の精査を目的に来院した1歳7か月女児)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


今年もよろしくお願い致します 





============



0105

国試 7日前から始めるeラーニング講座

 ↓ ↓ ↓
国試大予想講座只今申込み受付中!
 


============


では、MACの小児科最短講座」から「今日の一問」

診断そのものは容易だと思いますが、さて正解の選択肢に辿り着けるでしょうか?


医師国試105回D問題No.43

1歳7か月の女児。脾腫の精査を目的に来院した。

1歳6か月児健康診査で脾腫を指摘された。

出生後の発育と発達とは正常である。

眼球結膜に軽度の黄染を認める。

腹部で肝を1cm、脾を4cm触知する。

血液所見:
 赤血球347万、
 Hb 8.7g/dl、
 Ht 27%、
 白血球12,100、
 血小板36万。

血液生化学所見:
 総蛋白6.4g/dL、
 アルブミン4.2g/dL、
 総ビリルビン2.0mg/dL、
 AST 41 IU/L、
 ALT 23 IU/L、
 ALP 558 IU/L(基準361〜958)、
 ハプトグロビン10mg/dL(基準19〜170)。

末梢血塗抹May-Giemsa染色標本を示す。

105D43

 
合併によって原疾患が急激に増悪する可能性があるのはどれか。

a 手足口病

b 突発性発疹

c 伝染性紅斑

d 伝染性軟属腫

e 伝染性単核球症


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?
 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

MACのYouTube動画(3分37秒)をご覧ください。 
 

 

 


講義力」が自慢の
MACの提供でした。

  
では、また明日。

さいなら〜。 
 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 10:03│血液 | 小児科