2017年06月30日

今日の一問(医師国試107-I-11、肝炎をきたすウイルス感染症)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============

国試最速講座111

キャンペーンのリンクはこちら
 ↓ ↓ ↓
「国試最速講座111」無料受講キャンペーン

【サイト】www.macmic.net


============ 

さて、「今日の一問」

組合せ問題です。

このタイプの問題は、まさに「知ってるか、知らないか、それが問題だ」という知識の問題。



To be, or not to be.

That is the question.


まさに、シェークスピアのハムレットの心境です。

hamlet





医師国試107回A問題No.60

肝炎をきたすウイルス感染症とその診断に必要な抗体検査の組合せで誤っているのはどれか。

a A型急性肝炎 ---------- IgM型HA抗体 

 

b B型急性肝炎 ---------- HBe抗体

 

c C型慢性肝炎 ---------- HCV抗体

 

d 伝染性単核症 ---------- VCA IgM抗体

 

e サイトメガロウイルス感染症 ---------- CMV IgM抗体



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

Dr.東田の講義を聴いて、抗体検査の知識を確実なものにして下さい。
 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


では、MACのYouTube動画(12分08秒)をご覧ください。 



 

 







講義力」が自慢の
MACの提供でした。



では、また。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 



at 10:47