必見! 第111回国試に向けて(MAC)ぶっちぎりの再生回数

2016年03月28日

脆弱な土地に良い建物は建たない



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。



医学生の必携アプリ「肺の聴診トレーニング」
 



============


第110回合格者から歓びのお便りを頂きました。
 ↓ ↓ ↓


私がこのMACで学び素晴らしいと思ったポイントを紹介させていただきます。

『静かで落ち着けるアットホームな環境』
MACは「アットホームな環境」をとても大切にし、個々の生徒の弱点に対する指導を行い、また共通の弱点を見抜き柔軟に授業スケジュールを組み立ててくれるので非常に安心です。それに加え「騒ついてない静かな環境」は落ち着いて自習のできる素晴らしいものでした。もちろん共に真剣に勉強する仲間も自然と増えていきます。
 
更に、毎週行われる各教科の「確認テスト」により試験に対する適度な緊張感が得られ国試本番へのメンタルトレーニングになり、自分の成績が全体のどの辺りかが分かり弱点を補強できます。これは全生徒に目が行き届くMAC特有の「アットホームな環境」の為せる技です。

『総論を重視する系統講義』
脆弱な土地には良い建物は建ちません。立派な家は強靭な土地に建つものです。すなわち「強靭な土地」とは全ての基礎となる「総論」をしっかりと勉強する事です。
 
MACの先生方は、この全科目の原点となる「総論」を系統講義の中で非常に重要視し分かり易くテキストのイラストを交えながら教えて下さります。
 
総論がキッチリ頭に入れば、各論の理解が深まり暗記に頼る必要はありません。どんなに凝った難問でもその場で考えて答えを導き出せるようになります。そして、MACで教わる「総論の知識」は全ての教科で役立つ強靭な礎となり研修医になっても役立つ事でしょう。

『先生方の印象に残る授業と過去問の数』
ここにおられる各先生方は長年にわたる「教育のプロ」であり、国試に挑む生徒たちの弱点を見抜いています。だからこそ、弱点克服の為に「印象に残る授業」を行います。私の場合、国試本番で5つの選択肢を眺めるだけで先生方の印象的な声を思い出し正解に至った問題が多々ありました。これは、授業で重要ポイントを繰り返し声を張り上げ教えてくださるので特別な努力をする事なく無意識のうちに「知識の刷り込み」が生じていたからです。
 
また、国試の傾向に沿った選りすぐりの過去問を膨大な数解かされます。数をこなす事で更なる「刷り込み」が行われるのです。

『最後に』
勉強するにおいて大切なポイントあります。
 
⑴「共に勉強するに仲間」
仲間は自分に足りない知識を指摘してくれます。
仲間に自分が教える事で自己の知識が深まります。
仲間は良きライバルと化し、本番直前まで自分の良いペースメーカーになります。
 
⑵「可能な限り全ての授業に出る」
教室では出来るだけ前方の席をお勧めします。
もちろん先生方の質問が矢のように飛んできます。
でも、「答えられなかったら恥ずかしいな、、」などというプライドは捨ててください。答えられないから教わるために予備校に来ているのですから!
そのうち日々の質問に鍛えられ自ら率先して答えられるようになり、先生方が「素晴らしい!」と認めて下さいます。先生方に「素晴らしい!」と言わせれば「合格」は目前です。
また、授業に出続けていれば前述したように「知識の刷り込み」が無意識の内に生じます。
 
⑶  解らない事は「まず調べる」
授業でも教科書でも解らない事があれば、まず調べて下さい。絶対に曖昧なまま放置しないでください。参考書やネット検索を有効利用すれば必ず説明されています。それでも理解できなければ先生方に質問して下さい。親切丁寧に親身になって教えて下さいます。

長々と記述致しましたが、私からは以上です。
これからMACで勉強される方は頑張ってください!
先生方を信頼しついていけば、必ずや「合格」に導いて下さいます。

素晴らしい授業をして下さったMACの先生方、親身になって頂いた職員の方々に心より感謝申し上げます。ここで学んだ勉強を今後の医師としての職務に活かし少しでも医学に貢献できればと思っております。









 


講義力」が自慢の
MACの提供でした。

  
では、また。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 12:24
必見! 第111回国試に向けて(MAC)ぶっちぎりの再生回数