CBT模擬試験と復元問題今日の一問(医師国試109-A-5、心臓移植の適応)

2015年05月29日

今日の一問(医師国試109-I-48、80歳の男性。発熱と食欲低下とを主訴に来院)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


ひとりでも多くの医学生に役立ちますように。
 



============


07)

定番のCT・MRI画像解剖アプリ「CT・MRI解体新書」ですが、

昨日、Android版を2.0.3にバージョンアップしました。

368枚の断層画像を追加。

さらに、ページング機能も追加し、グーンと使いやすくなりました。

バージョン1をお持ちの方は無料でアップグレードできます。

ページング機能とは、こんな感じです(動画はiPadですが)。



 



============



109回の臨床問題から「今日の一問」



正答率は99%超え。


これは、まさにうちのオフクロと同じ。



医師国試109回I問題No.48

80歳の男性。

発熱と食欲低下とを主訴に来院した。

半年前から食事中にむせることがあった。

3か月前に発熱で入院しペニシリン系抗菌薬で治癒した。

2日前から発熱が出現し食事摂取ができなくなったため受診した。

胸部エックス線写真で右下肺野に浸潤影を認め、前回と同じ抗菌薬で軽快した。

1年前に脳梗塞の既往がある。
 
この患者の繰り返す病態の予防に効果が期待できるのはどれか。

a 口腔ケア

b 食後の臥位安静

c 鎮咳薬の服用

d 向精神薬の服用

e ヒスタミンH2 受容体拮抗薬の服用


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
誤嚥性肺炎というのは、本当に避けようがないのかしら。

食べなければ生きていけない。

患者さんは咀嚼できる間は、どうしたって口から食べたい。

だけど、口から食べると誤嚥の可能性は常につきまとう。

そして、誤嚥して、熱発して病院にお世話になり、

患者さんも家族も体力を消耗していく。

生きるっていうのは、なんとも大変だ〜。

 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・



a(○、 99%) 
b(×、 0%) 
c(×、 0%) 
d(×、 0%) 
e(×、 0%) 

誤嚥をなるべくしないように、オフクロは病院で嚥下体操を指導されております。

 ↓ ↓ ↓
嚥下体操のサイトです。

51)






では、また。

さいなら〜。 
  

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

======
========

内科志望でも、必ず役に立つ麻酔科の書籍です。
minmasu_big

「みんなの麻酔科学−麻酔科医は手術室の内科医だ−」
(Amazon)



CBT模擬試験と復元問題今日の一問(医師国試109-A-5、心臓移植の適応)