今日の一問(医師国試107-I-37、性器クラミジア感染症の合併症)今日の一問(医師国試106-I-6、関節リウマチで障害されにくい関節)

2014年10月06日

今日の一問(医師国試107-I-60、生後15日の新生児。胆汁性嘔吐と血便)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============

では、早速、「今日の一問」


今日は小児の消化器外科の問題です。


設問としての情報量が少ないけど、キーワード2つと画像で正解にたどりつきなさい、ということか


毎度お馴染みのMACの人気講座国試最速講座」から。


医師国試107回I問題No.60

生後15日の新生児。

昨夜からの胆汁性嘔吐と血便とを主訴に来院した。

上部消化管造影像を示す。

107I60

 
この患児について正しいのはどれか。

a 腹部に腫瘤を触知する。

b 緊急手術が必要である。

c 虫垂は右下腹部にある。

d 下部消化管造影が必要である。

e 腹部超音波検査でtarget signがみられる。



  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

画像、読めましたか?

腸回転異常は意外と出題履歴があるので、「医師594」で検索して、是非知識を整理しておいて下さい。
 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


では、MACのYouTube動画(3分12秒)をご覧ください。 



 

 




正答率低し。

正答率は57%でした。


【正答率】
a(×、8%) 腹部に腫瘤を触知する。
 腹部に腫瘤を触知するのは肥厚性幽門狭窄症。その場合は無胆汁性嘔吐。
 
b(、57%) 緊急手術が必要である。
 
c(×、6%) 虫垂は右下腹部にある。
 腸回転異常により虫垂は正中に偏位。
 
d(×、13%) 下部消化管造影が必要である。
 上部消化管造影で十分診断可能。
 
e(×、15%) 腹部超音波検査でtarget signがみられる。
 target signは腸重積 の所見ですね。


腸回転異常


【追加情報】
日本小児外科学会
↓ ↓ ↓
腸回転異常症
 






講義力」が自慢の
MACの提供でした。



では、また。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top



at 07:00│消化管 | 小児科
今日の一問(医師国試107-I-37、性器クラミジア感染症の合併症)今日の一問(医師国試106-I-6、関節リウマチで障害されにくい関節)