今日の一問(医師国試、39℃の発熱と全身の関節痛および筋肉痛)今日の一問(医師国試107-E-29、自殺の現状について)

2014年09月09日

今日の一問(医師国試108-A-9、旅行者疾患について)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


昨日の記事の続きです。

 
「医師594」で「デング熱」を検索すると、3件ヒット。

dengu


そのうちの1件は昨日の記事で取り上げました。

今年もデング熱の問題が出ていたんですね。


医師国試108回A問題No.9

旅行者疾患について正しいのはどれか。
 

a 旅行者下痢症では発熱はない。

 

b マラリアで死亡することはない。

 

c 狂犬病は犬以外の動物からは感染しない。

 

d デング熱のワクチンは実用化されていない。

 

e 都道府県知事に届出義務のある疾患はない。

 

  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

今日も動画は無しでゴメンなさいね。


  ・
  ・
  ・
  ・

ニュースなどで見ている人にはやさしい問題ですね。

くどいようですが、関連サイトを再掲します。

●厚生労働省 → デング熱に関するQ&A

●海外旅行と病気.org → デング熱診療マニュアル



【正 解】

a(×6%) 旅行者下痢症では発熱はない。
 細菌性赤痢やカンピロバクターでは発熱をきたします。
 
b(×1%) マラリアで死亡することはない。
 毎年100万人近い死者がいると報告されています。
 
c(×9%) 狂犬病は犬以外の動物からは感染しない。
 犬以外も、ネコとかコウモリとか・・・(下記参照)。
 アジア、アフリカ;犬、ネコ
 アメリカ、ヨーロッパ;キツネ、アライグマ、スカンク、コウモリ、ネコ、犬
 中南米;犬、コウモリ、ネコ、マングース
 
d(83%) デング熱のワクチンは実用化されていない。
 残念ながら現時点でワクチンはまだありません。
 
e(×3%) 都道府県知事に届出義務のある疾患はない。
 今も西アフリカで猛威をふるっているエボラ出血熱も旅行者疾患であり、1類感染症に分類されていることから分かるように、届け出なければイカン!



【おまけ】

もっと古い問題(93A54)に、こんなのがありました。

海外渡航歴と深く関連するのはどれか。2つ選べ

a Weil病

 

b デング熱

 

c アメーバ赤痢

 

d ロタウイルス下痢症

 

e クリプトスポリジウム症



  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・

はい、正解は・・・

a× Weil病
 Weil病はらせん状細菌であるレプトスピラによる感染症で、ネズミなどの尿中に排泄され、それに汚染された淡水に接触することにより、皮膚や粘膜を介して感染します。
 
b デング熱
 アメリカ地域、東地中海地域、東南アジア地域、西太平洋地域の熱帯・亜熱帯地域でみられます。渡航先でデングウイルスを持つネッタイシマカに刺されることで感染する輸入感染症です。
 
c アメーバ赤痢
 渡航者感染症ですね。流行地で生水などにより経口的に感染したり、また同性愛者の男性で直腸から侵入したりすることがあります。
 
d× ロタウイルス下痢症
 ロタウイルスは冬期乳児白色便下痢症をきたす代表的なウイルスです。海外渡航とは特に関係なし。
 
e× クリプトスポリジウム症
 汚染された水源からの経口感染で発症します。海外渡航とは特に関係なし。






講義力」が自慢の
MACの提供でした。



では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top



at 07:00
今日の一問(医師国試、39℃の発熱と全身の関節痛および筋肉痛)今日の一問(医師国試107-E-29、自殺の現状について)