今日の一問(医師国試107-I-24、結核性髄膜炎患者の髄液所見)今日の一問(医師国試、39℃の発熱と全身の関節痛および筋肉痛)

2014年09月05日

今日の一問(医師国試107-I-24、皮膚の出血斑を主訴に来院した高齢女性)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============


東北地方に医学部が2016年に新設されることが先週報道されました。

琉球大学医学部が創設されたのが1979年なので、実に37年ぶりのこと。

新設にあたりいろいろな問題があるでしょうが、やはり教員の確保が一番の難題でしょうか。



新設大学の1期生ってどんな感じなんだろうか。



============


では、MACの国試最速講座」から「今日の一問」


医師国試107回I問題No.24



68歳の女性。皮膚の出血斑を主訴に来院した。

打撲した記憶がないにもかかわらず、数か月前から両側の手背と前腕とに出血斑が見られることが気になっていたという。

鼻出血と歯肉出血とを認めない。

口腔粘膜に点状出血を認めない。

両側の手背と前腕とに径3〜5cmの紫斑を3個認める。

血液所見
 赤血球468万、
 Hb 13.9g/dl、
 Ht 42%、
 白血球6,300、
 血小板20万、PT 98%(基準80〜120)、
 APTT 33秒(基準対照32)。
 
対応として適切なのはどれか。

a 経過観察

b 骨髄穿刺

c 血清免疫電気泳動

d 血小板凝集能測定

e 凝固因子活性測定

 

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
正答率はとても低かったのですが、 合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

では、MACのYouTube動画(3分0秒)をご覧ください。 

指導医08


 

 



では、正答率を示します。

なかなか「経過観察」を選ぶのは勇気がいるっていうことでしょうか。

 
【正答率】
a(、30%) 経過観察
b(×、2%) 骨髄穿刺
c(×、2%) 血清免疫電気泳動
d(×、50%) 血小板凝集能測定
e(×、16%) 凝固因子活性測定



追加情報
住吉皮膚科ブログ
↓ ↓ ↓
老人性紫斑
 







講義力」が自慢の
MACの提供でした。



この問題は国試最速講座」としてeラーニング講座として受講できますので、ぜひご利用下さい。

国試最速講座


では、また来週。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top



at 07:00│血液 
今日の一問(医師国試107-I-24、結核性髄膜炎患者の髄液所見)今日の一問(医師国試、39℃の発熱と全身の関節痛および筋肉痛)