今日の一問(医師国試106-D-2、腎不全患者の治療)今日の一問(医師国試106-D-53、手の震えと動きにくさで来院した高齢男性)

2014年08月27日

今日の一問(医師国試108-G-20、ALS患者の在宅医療で医師の指示が必要なもの)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。


============

thumbnail

プラス

15150-76

ときたら、

「ALSアイスバケツチャレンジ」

ですね。

こんな記事もありました。

bucket
(東京新聞、2014年8月20日朝刊より)





筋萎縮性側索硬化症を「医師594」で全文検索すると、
こんな感じでヒット。
als


やはり出題回数は多いですね。


そこで、「今日の一問」はALSの最新問題。


医師国試108回G問題No.20

在宅人工呼吸器管理中の筋萎縮性側索硬化症〈ALS〉患者の在宅支援チームによる活動のなかで、医師の指示が必要なのはどれか。

a 看護師による清拭

b 歯科医師による口腔内処置

c 言語聴覚士による嚥下訓練

d 介護福祉士による体位変換

e 介護支援専門員によるケアプラン作成


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
合ってましたか?

今日は動画は無しでございます。
 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・


では、正答率を示します。


【正答率】
a(×、7%) 看護師による清拭
b(×、1%) 歯科医師による口腔内処置
c(、88%) 言語聴覚士による嚥下訓練
言語聴覚士法・第42条
言語聴覚士は、保健師助産師看護師法 (昭和二十三年法律第二百三号)第三十一条第一項 及び第三十二条 の規定にかかわらず、診療の補助として、医師又は歯科医師の指示の下に、嚥下訓練、人工内耳の調整その他厚生労働省令で定める行為を行うことを業とすることができる。

d(×、1%) 介護福祉士による体位変換
e(×、3%) 介護支援専門員によるケアプラン作成



【追加情報】
摂食・嚥下機能向上のための取り組み
↓ ↓ ↓
コチラ





アイスバケツチャレンジにチャレンジしようと思っている方、ポチっとお願いします。



============

  
では、また明日。

さいなら〜。 

 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net

===============

  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top

==============

病棟実習や研修前に読んでおくとよい「研修医はじめの一歩」シリーズ
サンプルページはこちらからどうぞ。
ippo
青本(ドキドキの生たまご編)
(Amazon)




at 07:00│神経 
今日の一問(医師国試106-D-2、腎不全患者の治療)今日の一問(医師国試106-D-53、手の震えと動きにくさで来院した高齢男性)