2014年05月12日

今日の一問(医師国試104-E-24、気道の解剖)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

昨日、10年にわたって乗っていた愛車の変速ミッションが壊れました
トップギアで走行中にいきなりローギアに入るという恐怖の不具合。

後ろに車がいたら事故を起こしていたかもしれません。

残念ですが、手放すことにいたしました  


励みにポチッとお願いします。
 


============


今日のMACの講義は、この方です。

 
中山先生


Dr.中山。

初登場です。

そして、似顔絵はMACのS子さんによる似顔絵です。

動画を見ると分かりますが、

似てるっしょ!
 

============


では、早速「今日の一問」

今日は、医師国試はもちろん、共用試験対策にも必須の呼吸器の解剖問題です。

単に呼吸器の知識を教えるというよりも、
 

奥が深いんだなぁ〜、この教え方。
 

臨床につながる知識を随所にちりばめながらの講義は、

まさに、


一級品


まずは、いつものように問題を解いてから講義を聴いてみて下さいね。


解剖問題だからといって、侮るなかれ。
 

医師国試104回E問題No.24

気道の解剖について正しいのはどれか。
 

a 気管は食道の左前方に位置している。

b 主気管支は右の方が長い。

c 気管支は肺静脈と伴走する。

d 終末細気管支は呼吸細気管支に移行する。

e 呼吸細気管支には軟骨がある。


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

MACのYouTube動画で解説をご覧ください。 

途中の「肺動脈体操」(私が勝手に名付けました)、好きだな〜、これ。


 


圧巻の30分

そして、先日書いたKerley線についての解説もよ〜く分かりました。
そういうことだったのかい!
↓ ↓ ↓
Kerley線の記事

Kerley



MACの「講義力」が高合格率を支えているというのも、ナットク! 
 
 
MAClogo

【メール】mac@macmic.net
【電 話】03-5326-7611(代表)
【サイト】www.macmic.net


==========

医師594のデータベースで「主気管支」を全文検索すると4件ヒット。

登録して、是非試してみて下さい。


主気管支new


  プチPR! 

「医師594」は医学生のための過去問無料サービスです。
 登録は下記からお願いします。

 「医師594」サイト

 登録がまだの方は、これを機会に是非ユーザー登録をお願いします。 

 594top




 
では、また明日。

さいなら〜。 




at 11:00|Permalink呼吸器 

2014年05月09日

今日の一問(医師国試108-B-17、生後1週新生児でPIVKA-IIを測定)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

今日も元気です。

励みにポチッとお願いします。
 


============


素朴な疑問って、大事ですよね。

今更、人に聞くのも恥ずかしいし・・・・・

研修医A-02


ま、いっか、で通り過ぎてしまう私です。

ちゃんと立ち止まって考えないとね。

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

「ピブカ」って聞くと、

すぐにピブカツーを思い浮かべてしまうんじゃが、

果たしてピブカワンとか、ピブカセブンってあるの?

7


いやいや、カタカナだとピンとこないので、

PIVKA-I、PIVKA-VIIのことさ 


============

そんな私の素朴な疑問に答えて下さい、東田先生。
 
では、「今日の一問」


第108回 B問題 No.17

生後1週以内の新生児においてPIVKA-Ⅱを測定すべき症候はどれか。
 

a 下 痢

b 黄 疸

c 吐 血

d 多呼吸

e チアノーゼ


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

MACのYouTube動画(4分25秒)で解説をご覧ください。 


 

 

============


正解は、cの「吐血」でした。

解説は動画で確認して下さい。

ここでは、ビタミンK欠乏のおさらいを少々。

・ビタミンK欠乏では、ビタミンK依存性凝固因子であるプロトロンビン(第Ⅱ凝固因子)、第Ⅶ、第Ⅸ、第Ⅹ因子の減少による内因系と外因系の凝固障害を認める。
・外因系凝固因子を反映するPT、内因系凝固因子を反映するAPTTはともに延長(=%活性低下)
・ヘパプラスチンテスト延長
・第Ⅱ凝固因子(プロトロンビン)のγ−カルボキシル化が障害されるために、第Ⅱ凝固因子の前駆体蛋白であるPIVKA−Ⅱが増加してくる。
(iMedicine 5. 血液、p.270、リブロ・サイエンス発行) 


 pk156ビタミンK欠乏ver2



 

============

Amazonで
imedicinebook05

iMedicine 5.血液
(Amazon)


 

at 11:00|Permalink

2014年05月08日

今日の一問(医師国試108-A-32、多発性脊椎椎体骨折の原因)



おはようございます。
594編集部のマッ君(まっくん)です。

今日も元気です。

励みにポチッとお願いします。
 


============

MACでは、問題を解くときは、いつも真剣勝負
 
この症例の患者さんが目の前にいると思って、1つ1つのデータをしっかり読み取っていくことが重要です(by Dr.東田)。 

東田05s
 

早速、「今日の一問」


第108回 A問題 No.32

57歳の男性。腰背部痛を主訴に来院した。

1か月前に重いものを持ってから腰背部痛が出現した。

自宅近くの診療所を受診し、第7胸椎椎体骨折でコルセットを装着した。

2日前に腰痛が増悪し、第 12 胸椎、第1腰椎椎体骨折が認められたため、紹介されて受診した。

最近、約 3kg の体重減少があるという。

血液所見:

 赤血球 379 万、Hb 12.1g/dL、Ht 35%、

 白血球 4,650、血小板 10 万。

血液生化学所見:

 総蛋白 11.7g/dL、アルブミン 3.3g/dL、

 ALP 261 IU/L(基準 115〜359)、

 尿素窒素 12mg/dL、

 クレアチニン 0.8mg/dL、

 Ca 9.5mg/dL、P 4.2mg/dL。
 

多発脊椎椎体骨折の原因の精査に最も必要なのはどれか。

a 尿中 Ca 定量

b 頸部超音波検査

c 血清免疫電気泳動

d 消化管内視鏡検査

e 胸部エックス線撮影


  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 
ボタンをポチッと押して貰えたでしょうか?

合ってましたか?

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

いや、もう東田先生の解説に尽きますね。

MACのYouTube動画(9分)で解説をご覧ください。 


 

 

============
 
免疫電気泳動の原理については、下図を参照ください。

電気泳動

 

============

Amazonで
imedicinebook05

iMedicine 5.血液
(Amazon)





at 11:00|Permalink血液